最新情報

お知らせ

【プレスリリース】横浜市内の難病児を支えるご家族の宿泊施設に「エネイース®」寄贈

2018年12月12日

長瀬産業株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:朝倉 研二、以下「長瀬産業」)が販売する家庭用HEMS*セット(*Home Energy Management System、ホーム エネルギー マネジメント システム)「eneEase®(以下、エネイース)」が、神奈川県内の患者・家族滞在施設リラのいえ(横浜市南区、以下「リラのいえ」)に設置されます。長瀬産業からエネイースの販売を委託されている株式会社太陽住建(横浜市南区、代表取締役社長:河原勇輝、以下「太陽住建」)が掲げる本業を通した地域貢献活動の一環として寄贈するもので、16日(日)12時に同施設で寄贈のセレモニーが行われます。

認定NPO法人スマイルオブキッズ(理事長:松尾忠雄、以下「スマイルオブキッズ」)が運営するリラのいえは、神奈川県立こども医療センターの近くに立地しており、遠方から同センターに入院する子どもの家族が宿泊するための施設です。病児のきょうだいの預かり保育も実施しています。

エネイースは、家庭や施設等の発電状況や消費電力を数値やグラフで「見える化」できる機器セット(※1)で、停電時に約10時間電気を使用できるほか(※2)、太陽光発電による自然エネルギーの利用を増やすことでCO2削減に貢献できます。

リラのいえでは2019年1月からエネイースの稼働を開始する予定で、太陽住建の原英明技術部長は、「エネイースは、停電時に自動で切り替わるので災害時に安心して頂けると思う」、またスマイルオブキッズの松尾理事長は「停電時にも子ども達とご家族に安心してもらいたい」と話しています。

※1 発電用太陽光モジュール、蓄電用リチウムイオンバッテリー、数値を見える化するユニット等※2 満充電時でLED照明10W×3個、携帯充電器10W×2個、冷蔵庫120W×1台、テレビ60W×1個

eneEase

 

 

 

 

≪プレスリリースのネット掲載はこちらから≫

プレスリリース 横浜市内の難病児を支えるご家族の宿泊施設に「エネイース®」寄贈

 

≪関連HP≫

長瀬産業株式会社

ファミリーハウス リラのいえ

 

 

 

記に関するお問い合わせはこちらまで↓
株式会社 太陽住建
横浜市南区井土ヶ谷下町6-1

フリーダイヤル:0120-460-025
メール問い合わせフォーム:こちらから(←クリック)

 

住まいの電化はパナソニックエキスパート工事店

パナソニックの住まいパートナーズ

LIXILリフォームネット

おもてなし規格認証2018

arrow_drop_up
アクセス情報