最新情報

お客様会議

【お客様会議】令和3年2月度の報告

2021年03月22日

弊社では毎月最終金曜日に「お客様会議」を行っています。これはその月の中で「+1%の努力」や「おもてなし」をし、お客様に感動していただいたエピソードを紹介します。また、自分以外の社員の行動をみて、感動したことも併せて紹介します。

 

月によって他企業や行政の方々にお越しいただいたり、弊社が出向くなどして、お話を頂戴し、刺激のある会議にしています。この取り組みをはじめてから、社員の「感動をお届けするためのモチベーション」があがり、次月への励みにもなっています。

 

今月は社内のメンバーのみで会議を行いました。

 

 

 

【+1%の努力で感動していただいたエピソード】(抜粋)

☆ご近所を大切にするお声掛け

事務所の近所の方に「ゴミを出すのに費用はどれくらいかかるの?」と聞かれた際に、㎥あたりの金額を伝えると「だいぶかかるね」と言われた。車内で言われる「ご近所は大切に」という言葉を思い出し「もしよろしければ確認させていただいて、大きさによってはついでのときにもっていきますよ」と伝えたところ、とても喜んでいただき「何かあったら太陽住建に頼むね」と言ってくださった。

☆思い切って声をかけてできるつながり

事務所近くの方とお話しする機会があり、お話を聞くと社内メンバーと旧来のつながりがあることや職業での共通点があり盛り上がった。またグリーンバードで杉田エリアの清掃を4年継続していることをお伝えすると、とても喜んでいた。2月に移転してきたばかりであるが、ご近所の方との関係を構築してくのは移転まもない状況にはさらに必要だと思っている。

☆現場作業員流の営業

直接お会いしお話ができたのはT様だけだったが「元気よく笑顔で挨拶、何かしてもらった時や物をいただいた時はすぐにお礼を伝える」ことを全てのお客様に心掛けている。作業員の印象、自社の印象を保つため、また些細なことで作業依頼をいただけるかもしれないと考えているため。

 

【自分以外のメンバーで感動したエピソード】(抜粋)

☆河原健吾→原

太陽光発電設備設置工事の際、休憩時間にドアの調整を行っていたり、お客様がマスキングテープを集めていると聞くと、現場で余ったマスキングを差し上げている姿をみて、些細な気遣いが素晴らしいと思った。

☆近藤→秋山・河原飛鳥

どちらも子育てをしながら在宅勤務という状況ではあるが、それぞれが担当する補助金申請に対し、必要書類を揃え対応してくれた。また支払いリストの作成ではリストをみやすく、不明点を明確にする処理能力は今までの経験を発揮してもらえたものだと思う。

☆中村→菅根

solar crewのDIYイベント時に、参加された方へのおもてなしや飽きさせないように作業内容を懇切丁寧にレクチャーしていたのが印象的。参加者の皆様にも喜んでいただいたことに素晴らしいと感じた。

 

 

 

上記に関するお問い合わせはこちらまで↓
株式会社 太陽住建
横浜市磯子区中原4-1-30

フリーダイヤル:0120-460-025
メール問い合わせフォーム:こちらから(←クリック)

図1

sumaiP_logo_color

img_logo

 

ページトップへ
アクセス情報