最新情報

お客様会議

【お客様会議】令和元年5月度の報告

2019年06月12日

弊社では毎月最終金曜日に「お客様会議」を行っています。これはその月の中で「+1%の努力」や「おもてなし」をし、お客様に感動していただいたエピソードを紹介します。また、自分以外の社員の行動をみて、感動したことも併せて紹介します。

 

月によって他企業や行政の方々にお越しいただいたり、弊社が出向くなどして、お話を頂戴し、刺激のある会議にしています。この取り組みをはじめてから、社員の「感動をお届けするためのモチベーション」があがり、次月への励みにもなっています。

 

今回はゲストに公益財団法人地球環境戦略研究機関 都市タスクフォース プログラムディレクターの片岡八束様をお迎えしました。7月にNYで開催されるSDGsに関するイベントの打ち合わせを兼ねた会議を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【+1%の努力で感動していただいたエピソード】(抜粋)

☆お客様と共に救急対応。

高齢者の住まいに関する事業を行っているお客様と移動中のこと。横浜駅にて倒れた方がいて、お客様と共に即座に救急対応を行った。焦っていたカフェ従業員の方へAEDの手配や緊急連絡等を依頼し、必要な対応をしたことにより、大事に至ることがなかった。駅職員やカフェ従業員の方からお礼の言葉をいただいた。

☆+1%の草むしり。

去年の社員研修の宿泊先として使用させていただいたり、更なる活用をご希望の空き家となっているご自宅をお持ちのI様。大変想いの詰まったご自宅ということを承知していた為、社長の河原を始め、その場にいたメンバーにて草むしりを行った。これにI様は感動し、とても喜んだ表情をされながら「ありがとう」とお礼をいただいた。

 

 

【自分以外のメンバーで感動したエピソード】(抜粋)

☆河原健吾→原

解体作業時に、お客様対応や工事で忙しいながら、わからない部分を聞いたところ、わざわざ足を運び、一つ一つ丁寧に説明してくれた。

☆河原瑠奈→原

お客様が大切にしていた机のサイズを調整するために切った切れ端も、思い出が詰まっているものだからと捨てずに別のものに利用する姿に、お客様も感動し、とても喜んでいた。

☆原→河原剛、河原健吾、鈴木

普段は現場での作業が多い為、事務仕事が不慣れなのに、補助金対応案件での資料作りをサポートを喜んで引き受けてくれた。今後も申請があるので、引き続きフォローをお願いしたい。

 

≪関連URL≫

公益財団法人地球環境戦略研究機関

 

 

 

記に関するお問い合わせはこちらまで↓
株式会社 太陽住建
横浜市南区井土ヶ谷下町6-1

フリーダイヤル:0120-460-025
メール問い合わせフォーム:こちらから(←クリック)

 

図1

sumaiP_logo_color

img_logo

HP用ロゴ

 

 

 

 

arrow_drop_up
アクセス情報