最新情報

お客様会議

【お客様会議】平成31年2月度の報告

2019年02月27日

弊社では毎月最終金曜日に「お客様会議」を行っています。これはその月の中で「+1%の努力」や「おもてなし」をし、お客様に感動していただいたエピソードを紹介します。また、自分以外の社員の行動をみて、感動したことも併せて紹介します。

 

月によって他企業や行政の方々にお越しいただいたり、弊社が出向くなどして、お話を頂戴し、刺激のある会議にしています。この取り組みをはじめてから、社員の「感動をお届けするためのモチベーション」があがり、次月への励みにもなっています。

 

今回はゲストをお迎えせず、社員のみで開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【+1%の努力で感動していただいたエピソード】(抜粋)

☆不便そうな状況を察知してのご提案

H様邸へ太陽光発電設置に関するご提案に伺った際のこと。インターホンをならしても反応がなく、玄関先で電話をし、訪問することができた。太陽光発電のみだけでなく、後日インターホンのご提案も行った。訪問者の存在に気付き、顔が見れること、子機があるので家中どこにでも持ち歩けることをとても喜んでいただき、交換工事の依頼を頂戴した。

☆応援してくれている方のために

以前、おひさまひろばの見学にいらして、弊社の取り組みに感銘を受け、応援をしてくださっているM様とのエピソード。事務所近くで発生した火災や、太陽光パネルによる発火などを新聞で拝見し、弊社の心配をし、お電話をくださった。その際に、神奈川新聞以外はとらなくなってしまった、ということを聞き、直近で掲載された新聞記事やweb記事を複数、送付した。とても喜んでいただき、お礼の手紙と切り取った新聞記事や茶葉3種類を頂戴した。また手紙の中には「私の命を消す日迄、応援させていただきたいと思っています。」との言葉があった。

※お茶はお客様会議時に社員全員へ提供させていただきました。

 

【自分以外のメンバーで感動したエピソード】(抜粋)

☆秋山→河原剛

現場で事故を起こさないよう、下準備を丁寧に行っていた。窓口となる近藤に、以前よりも密な報連相を行い、注意点やアドバイスも先回りして、対応、対策しているように感じた。

☆河原剛→近藤

近藤が窓口の上記案件に関し、搬入予定時間を10時~12時に設定していたが、近藤から13時まで余裕をとろうと提案があった。実際、クレーンの引き上げも含め12時30分までかかってしまったため、近藤からのアドバイスに助けられた。同じような案件があった場合には作業時間に余裕をみることを教わった。

 

≪関連URL≫

井土ヶ谷アーバンデザインセンター(おひさまひろば)

 

 

記に関するお問い合わせはこちらまで↓
株式会社 太陽住建
横浜市南区井土ヶ谷下町6-1

フリーダイヤル:0120-460-025
メール問い合わせフォーム:こちらから(←クリック)

 

住まいの電化はパナソニックエキスパート工事店

パナソニックの住まいパートナーズ

LIXILリフォームネット

おもてなし規格認証2018

arrow_drop_up
アクセス情報