最新情報

お客様会議

【お客様会議】平成30年10月度の報告

2018年10月29日

弊社では毎月最終金曜日に「お客様会議」を行っています。これはその月の中で「+1%の努力」や「おもてなし」をし、お客様に感動してもらえたエピソードを紹介します。また、自分以外の社員の行動をみて、感動したことも併せて紹介します。

 

月によって他企業や行政の方々にお越しいただいたり、弊社社員で出向くなどして、お話を頂戴し、刺激のある会議にしています。この取り組みをはじめてから、社員の感動をお届けするためのモチベーションがあがり、次月への励みにもなっています。

 

今月は何度か一緒に活動を行っている横浜市立日枝小学校6年3組の生徒に参加していただきました。

なんとこの日は製作をお願いしている看板のデザインを弊社にプレゼンする日でもあり、子ども達は普段小学校では味わえない独特な緊張に包まれているようでした。今回プレゼンしてくれた看板デザインは、クラス全員から選ばれた6人の作品を、更に1つの作品として製作したものだそうです。各所にみんなの想いが込められ、とてもこだわりのあるデザインでした。そして弊社からの要望も伝え、再度練り直してくれることに。地域に愛されるものを作り上げるため、とても熱心に考えてくださる皆様に感謝致しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【+1%の努力で感動していただいたエピソード】(抜粋)

☆10分の会話の出合い。

以前、京都で開催されたイベントにて時間の関係で10分前後しかお話しできなかったS様。その数分で話した弊社の取り組みなどを気に入っていただき、兵庫から弊社の為だけにご来社いただいた。会話の中で、どれだけ印象付けられるのか勉強になり、S様のフットワークの軽さも学んだ。

☆図面の配慮

R様の防水補修を終え、ご担当者の方と完了チェックを行っていたとき、外壁も補修の必要の可能性がみえた。ご担当者の方から上席の方に写真で報告したいが、写真を撮るにはとても危険であると伺い、代わりに撮影を行った。撮影してみると補修箇所が多く見られたため、写真だけではわかりにくくなるかと思い、図面を作成した。写真と照合できるように番号をふり、提出したところ、上席に説明しやすくなったと感謝していただいた。

 

【自分以外のメンバーで感動したエピソード】(抜粋)

☆原→社長

S様へ二重窓の製品説明時、実際に取り付けている社長が実体験を含めて説明を行い、受注につながった。お客様との対話や対応が勉強になった。

☆中村→近藤

忙しい中、行政の公募申請や書類作成、関わり方など、きめ細かい内容を教えて頂き、勉強になった。

 

 

記に関するお問い合わせはこちらまで↓
株式会社 太陽住建
横浜市南区井土ヶ谷下町6-1

フリーダイヤル:0120-460-025
メール問い合わせフォーム:こちらから(←クリック)

 

住まいの電化はパナソニックエキスパート工事店

パナソニックの住まいパートナーズ

LIXILリフォームネット

おもてなし規格認証2018

arrow_drop_up
アクセス情報