事業内容

おひさまおすそ分けプロジェクト

おひさまおすそ分けプロジェクトとは

太陽光発電0円設置のスキームを活用して、災害時に太陽光で出来た電気を蓄電池やモバイルバッテリーに貯め、ご近所の方に「おすそ分け」する電力のおすそ分けプロジェクトです。「災害に強いまちづくり」と災害時に特に重要となる「コミュニティ形成」を図ります。
コンセプトに賛同・ご協力いただける方は「おひさまおすそ分けスポット」として登録します。災害時には近隣の方を中心に電力のおすそ分けにご協力いただきます。

※「おひさまおすそ分けスポット」にご登録の個人様・団体様には、登録スポットとわかるステッカーを掲示いただきます。

具体的な取組

太陽光発電0円設置LED’Sを推進しています

LED’S=Local Energy Direct Supplyの略。株式会社アズマ様(福岡県八女市)が考案・実践している「地域のエネルギー地産地消」を目指した取り組みです。
LED’Sは法人のお客様を対象に、神奈川県内を中心に展開しています。

LED’Sの概要と導入によるCO2の削減効果

90m²以上の広さのあるお客様の屋根をお借りし、無償で太陽光パネル42枚を設置します。平時、発電した電力はお客様でお使い頂き、使用した分を課金させていただきます。停電時には、屋根の賃料の代わりにお渡しするポータブル蓄電池1.5kWhを活用して地域の皆様に携帯電話の充電をおすそ分けして頂きます。

10年後、太陽光発電設備一式を無償譲渡します。

商用電気も再エネ100%で供給しますので、太陽光発電の電源とあわせ再エネ電気100%の達成につながります。 神奈川県のご協力を得て「かながわ再エネ電力利用事業者認定証」の交付も行いますので、設置者様の事業アピールにも貢献します。

■システム導入によるCO2の削減効果

 

概要紹介(セミナー動画)

ページトップへ
アクセス情報