太陽住建について

CSR(企業の社会的責任)

法令遵守宣誓

株式会社太陽住建は、法令を遵守するとともに各種社会規範を尊重し、良識ある企業活動を行います。
また企業市民として積極的に社会貢献活動に参加し、地域社会発展への活動を継続的に行うことを誓います。
所 在 地 : 横浜市南区井土ヶ谷下町6-1
事業所名 : 株式会社 太陽住建
代表者名 : 河原 勇輝

(株)太陽住建 倫理的行動規範
1.人権の尊重

あらゆる企業活動において、全ての基本的人権及び人格・個性を尊重し、従業員同士及び外部ステークホルダーに対し
尊敬の念を持って接します。

2.社会からの信頼

各種法令や社会的規範を順守し、善良なる社会人として行動致します。

3.不正の排除

適正な取引を行い、違法な行為を致しません。
また、公私の区別を明確にし、反社会的勢力との関係を持ちません。

4.社会貢献

地域社会を構成する一員であることを自覚し、地域及び文化事業への支援等の社会的貢献を継続します。

地域志向CSR方針

我々、株式会社太陽住建社員一同は地域のステークホルダーの皆さまと共に、企業の活動が成り立っていることを自覚し
地域志向CSRの各項目について目的、目標を持ち、その達成を目指し全社員が努力致します。

地域社会に対して

地域社会に溶け込んだ事業活動をして参ります。地域行事、ボランティア、文化活動等の地域への寄付等へ積極的に関
わって参ります。
お客様に対して(全てのお客様)基本理念に則り、専門技術の習得に努め、高品質の仕事及びサービスの提供に努めます。

従業員に対して(全ての従業員)

労働関係法令を遵守し、「技術・スピード・便利」の3モットーを掲げ従業員が働きやすい、また家族に誇れる会社作り
を推進します。

協力業者に対して(協力業者の80%以上)

協力業者への発注は、市内企業を優先し地域経済の発展を目指し,関係法令を遵守し公正な取引を致します。

以上に基づき、地域志向CSRの自己評価と改善を続け、社会貢献活動に取り組んでまいります。

(株)太陽住建 CSR組織体制

CSR最高責任者 代表取締役社長 河原 勇輝
CSR委員会委員長        近藤 博史
CSR委員            全従業員

※CSR委員長及びCSR委員は代表取締役社長が選任する。また、代表取締役社長はCSR統括の最高責任者としてCSR委員長を監督する。
※CSR統括委員長は、社内のCSR活動実地の責任と権限を有しその結果を経営層に報告する義務を持つ。
※社員全員を、CSR委員とし、活動への取り組みを推進する。また、問題点、改善点を年1回の内部チェック時に全社員はCSR委員長に文書により報告する。
※CSR最高責任者は、CSR統括委員長により報告を受けた問題点、改善点につき、直ちに改善案、対応案の指示、周知徹底を図る。

arrow_drop_up
アクセス情報